あんたいとるどぅ
955 :名無しさん@おーぷん:2014/10/08(水)11:53:51 ID:???
先月末にホームセンターに行った。
店内をぶらついているとき、俺は50代くらいの夫婦に店員に間違えられてしまった。
自分は店員じゃない旨を伝えたのだが、奥さんが「誰でもいいよ。ちょっと見てくれない?」と言って携帯電話を差し出してきたので、逃げるに逃げられず画面を見てしまった。
その夫婦は「最近『当選しました』というメールがよく来る。どうしたらいいのか」というようなことを言った。
彼らは誰に相談したらいいか分からなかったらしいが、何も見ず知らずの俺に相談することはないだろうと思ったわ。
しかしもっと驚いたのがそのメールの中身で、とにかく慇懃無礼なメールだった(季節の挨拶文がずらずらと書かれていたりした)。
しかも今は秋だというのに春の挨拶文で始まっており、最後の方に「クリックしていただくと億万長者になっていただけます。ご拝読ありがとうございました」と書かれていたのには笑ってしまった。
いくらなんでも送り手が「ご拝読」と言うのはないだろうと思ったわ。
俺はその夫婦に、絶対クリックしないで受信拒否にするかアドレスを変えた方がいいと教えた。
しかしその夫婦はとにかく「クリックしたらどうなるのか」が気になってしょうがないらしく、俺がいくら「高額の請求がくるかもしれないですよ」と言っても、夫婦は「根拠は?礼儀正しいメールだし本当に当選しているかも」と言葉を返す…
いい加減俺が逃げようとすると「あなたが代わりにクリックしてくれない?」と頼んできたので腰を抜かしそうになったわ。
誰がクリックしようと被害をこうむるのはあなたたちだと伝えたが、彼らが理解してくれたかは分からない。
そしてまた「どうしたらいい?」と、話が振出しに戻ったので俺は適当に言い訳をして逃げてきてしまった。
本当に最初から話に乗るんじゃなかったなと思う。
言い方は悪いが、夫婦の思考が色々と斬新すぎて衝撃を受けたわ。
というか、ここまでくるとあのホームセンターでの会話が丸ごと何かの詐欺だったのではないかと思ってしまうくらいだ。
何にせよ詐欺メールの相談に乗っかりまくってしまった自分には呆れた。
未だに現実とは思えん。
老人ホームで働いてるチャラ男の影響で入居者のおじいちゃんおばあちゃんが「ガチ膝いてぇ」とか言ったり、ちゃんちゃんこのこと「アウター」って呼ぶようになったっていう話が本当に好き

「この働き方、一度味わったら、もう元の働き方には戻れませんよ」。三菱ふそうトラック・バスの財務管理本部で全国の支店の財務監査を担当する田中裕さん(28)はしみじみと話す。「この働き方」とは同社が本社の管理や営業、研究所などの社員を対象に昨年本格導入したユニークなフレックスタイム制度だ。


月給はそのまま

 フレックスといっても始業や終業時刻を社員が決められる通常のフレックスタイム制とはひと味違う。1日のうち必ず就業しなければならない「コアタイム」がないほか、所定労働時間に満たない月でも給料が減らないという。

 最大の特徴はその月に実際に働いた時間が所定労働時間を下回っても、不足した労働時間が累計で30時間までなら翌月以降に繰り越して清算され、賃金が支払われる点。例えば1カ月の所定労働時間が160時間の部署で、7月は150時間、8月は155時間しか働かず、9月は15時間残業して175時間働いた場合、7月と8月の給料から労働時間の不足分が引かれない。つまり7~9月は毎月同じ給料をもらえるといったことが可能だ。

 「繁忙期は地方の拠点を集中して回るため朝6時半から夜10時頃まで出っぱなしだが、閑散期はちゃんと休める。休んだ分がその月の給料から引かれないので安心」と田中さん。コアタイムもないため、「朝7時に出勤して午後3時に帰ってもいいし、有給休暇制度を使わずにフレックスタイム制度を利用して丸1日休むこともできる」と財務管理本部RSC財務管理部の原沢正登部長は説明する。

 労働基準法では1日8時間、週40時間超の時間外勤務には原則残業代が発生する。従来の給与体系のままで会社側が残業削減を求めても、残業代がなくなれば給与が下がると考える社員は少なくない。残業抑制と人件費カットが連動したままでフレックスタイム制などを導入しても、制度の効果が十分に発揮しにくいと考える企業は三菱ふそう以外でも出てきている。

 実際に働いた時間にかかわらず一定の時間働いたものとみなして賃金が支払われる裁量労働制やフレックスタイムなどを業務に応じて柔軟に利用できるようにしているのがダイキン工業だ。時差のある海外拠点との遠隔会議に出る機会が多いアプライド・ソリューション事業本部で働く藤戸利明さん(38)は日本時間の朝8時から始まる米国との電話会議に出席する日の前日や当日は裁量労働制を利用して早めに仕事を切り上げることもあるという。

 「うちのように時差のある会議に出る機会が多い部署では裁量労働制のような柔軟な働き方ができる方が成果が上げやすいし、健康も維持しやすい」(アプライド・ソリューション事業本部の西川幸子管理担当課長)

 ただ時間ではなく成果で賃金が支払われる仕組みは労働時間管理のタガが外れ、残業代ゼロで働かされるのではと懸念する声もある。EU諸国では勤務終了から翌日の勤務開始までに一定の休息時間の確保を義務付ける「勤務間インターバル規制」という共通した労働基準があるが、日本の法制にはない。

 現状では1日に8時間、週40時間を超えて働かせてはならないとする労働時間の限度はあるが労使合意に基づく届け出があればこれを超えてもいい。人事マネジメントに詳しい大和総研の広川明子主任コンサルタントは「日本でも今後はインターバル規制のようなものを検討しなければならない」と強調する。

まずはハイと答えてもイイエと答えても相手に情報を与えてしまう質問に対しては「ノーコメント」を提示する、ということを覚えてから、社会に羽ばたいていってもらいたい。

2011年3月 (via extramegane)

2012-11-15

(via mmtki)

この習慣のことを、日本では「躾(しつけ)」と呼びました。

この字は「漢字」ではありません。

「身」と「美」という二つの漢字を日本で合わせてつくった「国字」です。

―NPO法人「江戸しぐさ」は、「江戸しぐさ」に関する文献資料が残っていない理由を、「江戸っ子が明治政府によって虐殺されたからだ」と主張していますが、これも荒唐無稽ですよね。

原田:この本が出た直後に越川さんを招いて合宿を行った団体があり、それに参加した方のブログを見ると、「『江戸しぐさ』が嘘だといっている人がいるらしいけれども、歴史というのは、勝者の歴史から残らないんだ」というようなことを言っていたそうです。

彼らの「虐殺があった、そして虐殺があったことさえ隠蔽されてしまった」という歴史観は、ある種の人たちにとっては、非常に魅力があるわけです。それがなかったら、「江戸しぐさ」が何の記録にも残っていないということを説明できないわけですから。

ですが、江戸というのは、武士にしろ町人にしろ、とにかく書き物を残す人が非常に多かった時代なんです。実際、幕末から明治初期にかけては日記や随筆によって、かなりいろいろなことが復元できる。事実関係が相互に矛盾しているというケースというのは見られますが、そうした記録にまったく残らないものがあったというのは信じられません。

歴史学においては、考古学史料にしても、文献にしても、伝来の経緯は常に追及されます。しかし、「江戸しぐさ」はその追及に耐えないわけです。現代まで伝わってきた経緯そのものが明確な虚偽であるということが最も致命的なんです。つまり、ぐずぐずな土台の上に、立派な建物が建つはずがないんですよ。
形としては「私服着たおじさんが「公妨だ!」と叫びながら突入してきて、襲いかかられた」

現場にいた参加者が撮影した動画には、「貧困を作り出した責任を」というプラカードを掲げて歩く若者の前に私服警官らしき男性が立ち、若者が男性の肩に手を置いた瞬間に「よし! こうぼう(公務執行妨害)だ!」と叫んで警官らが取り囲んだ様子が映っていた。元警察官僚の亀井氏は「何で逮捕してるのか。現場が暴動化するとは思えない。警視総監に電話して『権力を持つものは自制しないと都民から支持されない』としかり飛ばした。権力は怖い。一歩間違えばこういうことになっていく」と語った。
(via asahi.com(朝日新聞社):首相宅デモの若者逮捕 亀井氏「権力は自制を」 - 社会)

「私服警官らしき男性」ってどういうことだろう。「公務執行妨害」と言うからには、はっきり警官が公務中だと分かる状況だったんじゃないのだろうか?

(via tsukamoto) (via yuco)

>「私服警官らしき男性」

ちょっと事情を知ってるので補足すると、まず逮捕にあたったのは二人の「私服の」公安のタッグ。この二人組みでまず逮捕体制に入って、その後、まわりにいた交通警備の警察官たちがワラワラと取り囲んで持って行ってしまった。若者に接触した人も(正確には「若者が男性の肩に手を置いた」っていうのもちょっと違ってて、一人目が無言でぶつかりにいってる)、「公妨だ!」と叫んだ人も、それぞれただのジャンパーやスーツを着た普通のおじさんだった。上で私は「公安」と言ってるけど、警察発表が無いので正確には「公安かどうか」すらもわからない。

つまり形としては「私服着たおじさんが「公妨だ!」と叫びながら突入してきて、襲いかかられた」以上のことは、わからない。(via tzetze)

(via tsukamoto) (via yuco) (via hogepiyo) (via gkojay) (via nunnungogo) (via noonoon) (via sivamuramai)
ジャッキー:ボクはアメリカで公平な待遇を受けることができた。香港に戻って、タレント全員が不公平な待遇を受け、虐げられているのを見た。金ももらえやしない。マフィアに虐げられているんだ。そこでボクが最初の一人になった。雑誌『壱週刊』で、文句があるなら俺のとこに来い。無実のものを虐げるなって言ってやったんだ。こんなことボクしかやろうとしなかったからね。だからボクはマフィアと対立することになった。

Q:どのようにですか?

ジャッキー:当時はね、銃を持ったマフィアたちがアンディ・ラウに演技を指示しているような時代だったんだ。撮影していたら銃を持ったマフィアがやってきて、「うちの映画に出演しろ。報酬は10万香港ドルだからおまえには2000香港ドル渡してやる(残りはマフィアが中抜き)」。ひどい話さ!ボクの会社には張曼玉、王祖賢、張学友たちが契約していた。ボクは彼らのボスだったんだ。彼らがこんなひどい目にあったらどうする?ボクが出て行くしかないだろう。

以前、マフィアたちがボクをひどい目にあわせようとした時、ボクはアメリカに逃れた。飛行機を降りたら、すぐに撃たれたよ。出歩く時は銃を持ちあるかなきゃならなかった。ある時、香港に戻ってメシを食っていたら、刃物を持った二十数人に囲まれた。ボクは銃を持っていたし、服の中にはもう2丁あった。それでね、お前らはひどすぎる。ボクはもう何度もお前らも避けてきたのに(もう我慢はしない)!と言ってやった。そしてボクは2丁の銃と6発の手榴弾でやつらに立ち向かったんだ。

マフィアとはね、お金を使って戦った。30年前ぐらいかな。ボクは50万香港ドルで(人を雇って)戦ったんだ。(雇った人のことを)「わらじを履く者」って呼んでいたよ。彼らはね、戦ってなにか問題が起きても、彼らは逃げのびることができる。もちろん手伝ってくれた者、牢に入った者を守るために、家族の生活費を渡したよ。相手のマフィアや警察が来る時もある。まだ携帯がなかったからホテルから電話してね、身分証がないやつは先に逃げろっていったんだ。それで60人が逃げていく。当時の香港マフィアがボクたちのことをどれほど恐れたか。ボクは香港に住んでいないし、ボク(の手の者)は身分証を持っていない。相手を殺したら逃げ去るだけだ。

それで後になってマフィアたちは言ってきた。アニキには気骨があるってさ。そんなことはないんだけどね。ボクは金を出してあいつらをやっつけただけ。人を雇ってボコボコにしてもらっただけだから。いや、ボク(はマフィアじゃないよ。ボク)がもしマフィアだというのならば、英国女王陛下から勲章をいただけるはずなんてないじゃないか。
927 おさかなくわえた名無しさん :2008/11/14(金) 22:35:45 ID:B91PHpqO
おでんを作る時、長時間炊き続けるよりも大根がある程度やわらかくなったら、
火を止める。冷める時味が入る。
何時間も炊きつづけるのは、時間と経済の無駄。
106: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 11:57:20.89 ID:/NLpoXa50.net
国連事務総長 韓国人
WHO事務局長 中国人


265: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 12:03:30.44 ID:m2zHdmK10.net
»106
あっ


149: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 11:59:02.69 ID:D0wNhw/QO.net
»106
アハハハハおわたな…